So-net無料ブログ作成

人間工学 課題5 ひとさまのお役に立つもの [Diary]

課題
 人の暮らし、コミュミュティ、社会に役立つインターフェース、またはインタラクティブシステム、またはサービスを考案し、その機能の概略とシステム構造、そしてそれを示すアイコンを提案してください。

回答
 自由に書き込みのできる電子文書サービスを提案します。
 わたしは、出張が多く常にパソコンと仕事の書類と参考書籍と私的な書籍を持ち歩いています。
 しかしながら、紙は一枚一枚は軽くてもまとまるとたいへん重く、カバンに入れてしまうと、10kg近くなることもしばしばです。飛行機の荷物棚に収まらないことも多く、座席の下に入れてしまうと、足が伸ばせなくなって飛行時間中ずっと不自由な姿勢を強いられます。
また、バスや電車に間に合うように早く歩きたい時も重い鞄が邪魔をして、思うように歩けません。
 そこで、これらの不愉快な状況を解決するための解決策のひとつとして、
書類をすべて電子書籍化して今まで数キロに及んだ書類荷物を1kg未満にすることです。
これを実現するためには、複数のサービスや技術が必要となります。

(1)どんな書類も即座に電子文書にできる技術
 これから発売される書籍が電子文書化されて販売される可能性は高いですが、
すでに出版されて電子化されていないものが圧倒的に多いです。
また、仕事上の書類も自分で作成した書類を電子化することは容易ですが、
お客様からいただいたものなど、そもそも紙で入手したものが多くあります。
 そこで、本も書類もストレスなくすぐに電子文書化してくれる技術の出番です。
 ホチキスで止めてあっても、製本されていても、何の障害もなくぴろっと、
あっという間に電子化する技術です。

(2)自由自在に電子書類に書き込みできる技術
 もうひとつ、紙媒体を手放せない理由は、紙なら自由に書き込みも織り込みもできるが、
電子書籍だとそれが難しい点です。
 すでにある程度は達成されている技術ですが、さらに進化させてほしいと思います。

(3)タフである筐体
 紙なら落としても、コーヒーをこぼしても、読めなくなることはありません。
 電子書籍も、ぽーんと机にほおっても、ベッドに投げ出しても、
風呂の中で使っても、なんの問題もないものにしてほしいです。

 これらが達成されて、着替えと電子書籍一冊を持って、軽々と出張に出かけたいものです。

 これを示すアイコンを添付しましたのでご覧ください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。